介護保険サービスの種類

車椅子

介護保険適用のサービスというのは、先ず、要介護・支援状態と認定された、 「65歳以上の高齢者」あるいは「40歳から64歳までの特定疾患の患者」が、 介護保険料と国や自治体からの支給額によって、1割の自己負担で受けられる介護サービスです。

介護保険適用のサービスには様々な種類がありますが、ここでは、 「居宅サービス」「施設サービス」「地域密着型サービス」に分けてお話します。

【居宅サービス】

要介護・要支援の方が、現在の自宅で暮らしを続けながら、介護サービスが受けられます。 居宅サービスは種類が非常に多いので、 さらに「訪問サービス」「通所サービス」「短期入所サービス」「その他サービス」に分けてお話します。

★訪問サービス★
このサービスは、自宅で暮らす要介護者・要支援の方を訪問して、買い物や掃除などの生活支援、 食事や排せつなどの介護、健康管理や衛生管理指導などの看護、リハビリ・入浴などを提供するサービスです。

★通所サービス★
このサービスは、自宅から通ってきた要介護者・要支援の方を施設に受け入れて、 食事や排せつなどの介護、健康管理や衛生管理指導などの看護、リハビリ・入浴などを提供するサービスです。

★短期入所サービス★
このサービスは、要介護者・要支援の方を施設に一定期間施設内に受け入れて、 食事や排せつなどの介護、健康管理や衛生管理指導などの看護、リハビリ・入浴などを提供するサービスです。

【施設サービス】

「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」に入居している 要介護の高齢者のためのサービスです。

★特別養護老人ホーム★
主に食事・排泄・入浴などの介護を提供するサービスです。

★介護老人保健施設★介護療養型医療施設★
食事・排泄・入浴などの介護に加えて、 医学管理下における介護やリハビリ、療養上の管理や看護なども提供されるサービスです。

【地域密着型サービス】

このサービスは、05年に新設された制度で、高齢者が身近な地域で生活し続けられるように、 事業所のある市町村の要介護者・要支援者に提供されるサービスです。
様々なサービスがありますが、ここでは「訪問・通所型」「認知症対応型」「施設・特定施設型」に分けてお話します。

★訪問・通所型サービス★
自宅で暮らす要介護・要支援の方を訪問または施設に受け入れて、 買い物や掃除などの生活支援、食事や排せつなどの介護、健康管理や衛生管理指導などの看護を提供するサービスです。

★認知症対応型サービス★
自宅から通ってきた認知症患の方やグループホーム内に入居する認知症患の方に、 買い物や掃除などの生活支援や認知症ケアなどを提供するサービスです。

★施設・特定施設型サービス★
特別養護老人ホームや有料老人ホームに入居する要介護・要支援の方に、 買い物や掃除などの生活支援、食事や排せつなどの介護、リハビリ・看護・入浴などを提供するするサービスです。

介護のお金
長生きのリスクにどうそなえるか?介護に必要なお金はどのくらい?
公的な介護保険制度のしくみとや介護サービス、民間の介護保険についてなどの介護のお金に関するまとめサイトです!