要介護認定申請の流れ

医者

@1.主治医を決める

介護保険の申請にあたり、要介護度を判断する材料の一つとなる、 意見書を書いてくれる主治医を決めます。
普段から決まったかかりつけの医師がいる場合は、その医師に連絡して、 意見書を書いてもらえるかどうかを確認してください。

A要介護認定の申請

市区町村にある介護保険担当の窓口へ行って、要介護等認定の申請をします。
(介護保険によるサービスを利用するには、要介護認定の申請が必要になります。)

☆申請に必要な物☆
・要介護(更新)認定申請書 
(健康づくり課窓口、又はホームページからダウンロードできます。)
・介護保険被保険者証
・健康保険被保険者証(第2号被保険者の場合のみ)
・申請者の印鑑(同居以外の者が申請する場合のみ)
・認定をうけるかたの主治医の氏名、医療機関の名称及び所在地が分かるもの

B認定調査・主治医意見書

役場の担当者や介護支援専門員(ケアマネージャー)が家庭を訪問し、 日常生活動作を行ってもらったり、心身の状態や医療に関する項目について、 本人と家族等へ聞き取り調査を行います。(一次判定)

☆調査の内容☆
・立ち上がりや歩行について
・食事、入浴、排泄について
・身の回りの管理について
・視力や聴力について
・意思の伝達や理解について
・特別な医療についてなど

一次判定の結果と主治医意見書に基づき、 介護認定審査会による要介護度の判定が行なわれます。(二次判定)

C認 定

認定結果通知書と認定結果が記載された保険証が届きます。
認定結果は、原則として申請から30日以内に通知されます。 なお、認定の有効期間は原則として新規は6か月 (状態が安定していると判断された場合は12か月) 更新は12か月(状態が安定していると判断された場合は24か月)となります。

D介護(介護予防)サービス計画書の作成

介護(介護予防)サービスを利用する場合は、介護(介護予防) サービス計画書(ケアプラン)の作成が必要となります。
「要支援1」「要支援2」の介護予防サービス計画書は地域包括支援センターに相談し、 「要介護1」以上の介護サービス計画書は介護支援専門員(ケアマネジャー)のいる、 指定を受けた居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)へ依頼します。

依頼を受けた介護支援専門員は、どのサービスをどう利用するか、 本人や家族の希望、心身の状態を充分考慮して、介護サービス計画書を作成します。

介護のお金
長生きのリスクにどうそなえるか?介護に必要なお金はどのくらい?
公的な介護保険制度のしくみとや介護サービス、民間の介護保険についてなどの介護のお金に関するまとめサイトです!