介護保険制度とは

介護保険相談

【介護保険制度とは】

解りやすく言えば、「介護に必要となる負担を社会全体で支援する保険制度」です。
みんなでお金を出し合うことで、介護が必要となる方はサービスを低価格(1割負担)で利用できるようになるのです。 利用できる介護サービスには、介護用品、家族介助、老人ホームや福祉施設の利用料、バリアフリーの設置など、 幅広いラインナップがあります。

【対象者】

介護保険を利用できるのは下記の2種類です。
いずれも、強制的に加入・適用さるので、基本的に40歳以上になると必ず介護保険に加入することになります。
第1号被保険者
第1号被保険者は65歳以上の方のことです。
第2号被保険者
第2号被保険者は40歳以上64歳以下の方のことです。それぞれの、 介護保険料、納付方法は使える介護サービスには違いがあります。

【介護保険制度の仕組】

介護保険は、市町村(保険者)とサービス事業者、そして加入者(被保険者)の3者の関係性で成り立っています。
第1号被保険者と第2号被保険者による保険料と、税金を使って、要介護認定を受けた人が、 介護サービスを利用するときの費用を援助しているということです。 現在は、要介護者は1割負担で介護サービスを利用できますが、少子高齢化が進むことで、 今後は負担額の増加や、被保険者が支払う保険料が増えていくことが予想されます。

【2015年からの制度改正】

☆要支援1、2の方の通所介護と訪問介護が給付対象外になりました。
☆小規模の通所介護施設(デイサービス)の扱が、「地域密着型サービス」に姿を変えて、 各自治体の介護事業計画のもとで事業所数などを管理されることになりました。
☆特別養護老人ホーム(特養)への入所は要介護3以上になりました。
特養は人気が高く、入居希望者は常に空き待ち状態です。 現在の基準では、入居者の介護度は「要介護1〜5」とそれほど厳しくはありませんでした。 2015年4月から、基本的には「要介護3以上」に変更されました。 (すでに入居している方は対象外です。)

介護のお金
長生きのリスクにどうそなえるか?介護に必要なお金はどのくらい?
公的な介護保険制度のしくみとや介護サービス、民間の介護保険についてなどの介護のお金に関するまとめサイトです!