平均寿命と要介護の現実

老人と猫

日本人男性の平均寿命が初めて80歳を超えました。2013年の平均寿命は80.21歳です。
女性も過去最高の86.61歳となり、二年連続で世界一でした。(厚生労働省「簡易生命表」より) 内閣府の発表している平成24年版高齢社会白書の中では、日本人の平均寿命は、 50年後の2060年に「男性84.19歳」「女性90.93歳」になる見通しだとと書かれています。

医療技術の進歩などで平均寿命が伸びていることは、喜ばしいことではありますが、 65歳で定年を迎えた後の、20年間近く残された時間を、どのように過ごすのが良いのか、 特に、介護が必要になった場合は、寿命を全うするまでの介護生活をどのように過ごすのか、 どのように過ごせるのか、という疑問点が出てきます。

介護施設に入りたくても、金銭的な理由から入れない人も居るでしょう。
在宅で長期間介護生活をするには、介護する家族の負担が大きくなるでしょう。
核家族化・少子化の問題で家族の形も変化し、女性の社会進出も進んでいる中、 これから伸び続ける平均寿命に対応出来るのか、 解決していかなければならない課題は、少なくないと言えます。

介護の需要は飛躍的に伸びていると言われています。
現在ある介護のシステムや、民間の機関、国の方針がどのような内容であるか、 どれくらいの費用がかかるものなのか、もっと認識を深める必要があります。
自分には関係の無いこと、まだ先のことだからその時に考えよう、などと先延ばしせず、 将来の自分のために、今出来ることは何か知っておくことは、大切なことでしょう。

自営業の場合、介護にかかる時間もお金もなく不安しかありません。生活費を切り詰めてもお金に余裕がない場合は、審査に不安な自営業でも借りれるカードローンも確認してみてください。

自営業以外の人についてもGame Changer Awardsでは様々な職業の人におすすめの借り入れ方法をまとめているので参考にしてください。

介護のお金
長生きのリスクにどうそなえるか?介護に必要なお金はどのくらい?
公的な介護保険制度のしくみとや介護サービス、民間の介護保険についてなどの介護のお金に関するまとめサイトです!